2010年3月 のアーカイブ

2010年3月31日 水曜日

パスポート

パスポートの期限が今年の7月までだったので、
パスポートの更新に行ってきました。

パスポートの期限が残っている場合は、
パスポートと写真を窓口に持っていけば、更新手続きが出来ます。

戸籍抄本や謄本が必要になるのは、前回から本籍や氏名が変更になっている
場合だけです。普通は戸籍抄本、謄本は必要ありません。

私は東京都に現住所があるので、有楽町の交通会館に行ってきました。
駅から3分ほどの便利な場所です。
(京橋口から徒歩3分)
有楽町交通会館

パスポートの申請用の写真は写真屋さんでとってもらうのが安心確実です。
なぜなら、余白や顔の大きさなど細かい規定があるので、セルフ写真機では
上手くいかない場合が多いからです。

2006年以前はこんなに細かくなかったのですが、パスポートのIC化に伴ない、
細かな規定ができました。ICチップの写真は機械で読み取りますからね~。

世の中うまく出来ていて、需要があるところに供給は有ります。
交通会館の申請エリア前には写真屋さんが2件手ぐすねひいて待っていました。
料金は2枚セットで1700円なり。
少し割高だけど、時間と手間の節約になるからオッケーでした。

受付で申請書をもらって、記入台で例を見ながら申請書を埋めていきます。
例通りにやれば問題ないですね!

その後、整理券窓口で整理券をもらって、順番待ちです。
私は、昼の12時前に行ったので2人待ちですみました。ラッキー!

パスポートの代金は受け取り時に払うんですね。
すっかり忘れていて、今日払うつもりが満々でした。

パスポートの受取日は4月7日以降です。
受け取りは日曜日にもできるので、4月11日に行くつもりです。
(パスポート申請は日曜日不可)

パスポートが来たら、無犯罪証明書を申請しようと思います。

永住権の申請には必要な書類が沢山あるので、少しづつ揃えていくつもりです。
現地に行ってから集めると大変だしね。

ニュージーランドに移住したい!

2010年3月30日 火曜日

始まりは突然に

その日は突然やってきた。

何年か前には海外に就職して、日本から抜け出したいと考えていたが、いつの間にか忘れていたのだ。それが突然蘇ったんだ。

「あー、私はやっぱり海外に行きたい!」

強く強く感じたよ。
うっすら涙も出てきた。

この気持を思い出させてくれたのは、一通のメルマガです。

私が購読している数少ない無料メルマガの一つ。
加藤のどかさんの「都会育ちの田舎暮らし」です。

このメルマガの3月9日「世界を見よう」です。
バックナンバー

読んでみてもらえば分かりますが、なんかワクワクするんです。

自分には可能性があるんだと希望を持たせてくれます。

「とりあえず日本を出てみよう」という強いメッセージ。
枠から一歩外にでれば、今まで見えなかった世界が見えてくる。
海外では、日本語が話せるという能力は稀有なものになってくる。
100万円だってところ変われば大金持ちの仲間入りできる金額になってくる。

頭をハンマーで殴られたような衝撃でした。

そしてすぐに、移住できる候補地を探し始めたよ(笑)
移住というと、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドといった
国土の割に人口が少ない国が門戸を開いているんだ。

そのなかで、どうやらニュージーランドは永住権が取りやすいらしい。
ということが分かってきたので、ニュージーランドに狙いを定めました。

移住先のニュージーランドの魅力は
・英語圏だから、英語が鍛えられる。海外の第一歩として最適。
・極端に熱くも寒くもないので過ごしやすい。
・永住権の更新がない。一度取得すれば一生有効。
・自然がすぐ近くにあって、嬉しい(私だけ?)

この瞬間から私のニュージーランド移住計画が開始されたのでした。

移住開始は2011年1月。
残り時間は9ヶ月。
やることは山積み。

本当に移住出来るかどうか、乞うご期待!